自転車通勤者におすすめの最強の副業とは…

夏場の自転車通勤の汗蒸れ対策グッズ!厳選超お役立ちアイテム神7!

夏場の自転車通勤の汗蒸れ対策グッズ!厳選超お役立ちアイテム神7!

暑い季節の自転車通勤は正直かなりつらいものがあります。

なにせクーラーも日陰も無い中を走るので朝の日差しをまともに浴びることになるからです。

『速乾性&吸湿性の高い服を着る』『こまめに水分補給する』などの対策は当然ですがそれでもなかなかツラいものがあります。

ですが世の中には様々なアイデア便利グッズがあり、それを使って出来る暑さ対策は沢山あります。

今回はそんな夏場の自転車通勤をぐっと快適にしてくれる7つのアイデアグッズをご紹介します!

夏場の自転車通勤に効果抜群!超便利グッズ

今回ご紹介するのは全部で7つのアイテムです。

どれも効果抜群のアイテム揃いですよ。

1.しろくまのきもち

参考価格:¥667

きっと誰もが一度は名前を聞いたことがあると思われる、夏の定番清涼グッズですね。

見た目は普通のスカーフですが、中には高分子ポリマーが入っています。

使い方は極めて単純で、水に浸して首に巻くだけ。

これで炎天下のなかでも数時間ゆっくりと首元を冷やし続けてくれます。

途中でぬるくなってもまた水につけるだけで復活するのでどこでも手軽につかえます。

仕組み自体は気化熱を利用したものですが、その効果は侮れません。

ドラッグストアで簡単に手に入るので、是非一度試してみてください。

2.エアーメッシュパネル

参考価格:¥2,000

手持ちのリュックがあっという間に自転車通勤仕様に生まれ変わる超アイデア商品です。

その名の通り背中のムレを防止するためのメッシュパネルです。

コレをリュックと背中との間にかませることで背中を空気が通り抜けムレ防止に画期的な効果をもたらします。

メッシュ自体が医療用でも使われているハニカムメッシュという構造で、効果的に風を通す上クッション性もあるので背負っていても楽です。

アウトドア系の本格的なリュックでベンチレーションが付いているものでも、コレをプラスすることで更に通気性がよく快適になりますよ。

S、M、L、XLの4種類がラインナップされていますので、手持ちのバッグのサイズに合わせてチョイスしましょう。

ちなみ別にリュック専門ではないのでメッセンジャーバッグと組み合わせるのも○です。

背中の通気性が確保されると格段に不快感が減りますし、バッグの汗汚れ防止にもなりますね。

SIZE横×縦価格
S26cm×35cm¥1,900
M26cm×40cm¥1,900
L27cm×45cm¥2,000
XL27cm×50cm¥2,000

ちなみに似たようなアイテムで汗とおる君というのもありますよ!

見た目はアレですがより空気が通りやすい設計になっています。

3.ベンチレーションエアーヘッド

参考価格:¥3,672

ヘルメットの内側に装着して、頭とヘルメットの間に隙間を作るグッズです。

表面にシリコンの突起がいくつも出ていて、それによってヘルメットを点で支えることで間に空気の層が生まれ蒸れを防止します。

元々はバイク用ヘルメットに装着するアイテムとして売られているものですが、自転車用ヘルメットにももちろん使えます。

自転車用のヘルメットは初めからベンチレーションが多数空いているのでムレ防止の効果は高いのですが、コレを使うことでより一層頭が涼しく感じるでしょう。

さらに言えば髪の毛がぺったんこになるのを防げるので、出社後の髪型も崩れません!

そういう意味では自転車通勤にピッタリのアイテムと言えるかも知れませんね。

4.セームタオル(スイムタオル)

参考価格:¥1,285

水泳用に使われる吸水性抜群のタオルで、ハンドタオルサイズでバスタオル以上の吸水性があり、これ一枚で全身をくまなく拭ける一品です。

初めて使う人はあまりの吸水性の良さに驚くはず。はっきり言ってタオルの常識が変わるほどの違いです。

また、『常に湿らせておく必要がある』という不思議な特性の為、干す必要がありません。

会社に着いた後、ジャージから着替える際に全身の汗を拭いて水洗いし、軽く絞ってケースにいれておしまいです。

ただし、汗を吸っているので帰宅後はちゃんと洗濯しましょう。

サイズも小さいのでカバンに入れて持ち運びも楽ですから、自転車通勤には抜群の相性の良さを誇るタオルですね。

5.ハッカ油

参考価格:¥500

たった一滴で凄まじい効果を発揮する天然の最強冷感グッズです。

首筋などにごく少量をこすりつけるだけで、涼しいを通り越して寒いとすら感じるほどの清涼感を得られます。

洗面器一杯の水に一滴垂らしてよくかき混ぜ、それで濡らした後に絞ったタオルで全身を拭くと汗ふきシートいらずですね。

他にもスプレーボトルに入れて、冷感スプレーにしたり虫除けスプレーにしたりと使い方は様々です。

コストパフォーマンスの高さはずば抜けているアイテムですが、効果が強すぎるためつけすぎは絶対NG!注意が必要です。

また、あくまでも体感的に涼しく感じているだけで体の内部の熱を放出する効果は無いため、油断すると熱中症になりかねませんので水分補給はしっかりと。

6.スーパーソックス

参考価格:¥864

夏場の足元の蒸れはどうしても気になるものですよね。

自転車通勤の場合、足の裏にも大量の汗をかくことになりますからなおさらです。

このスーパーソックスは独自開発のウールを使った糸により、限りなく『におわない蒸れない』という画期的な靴下です。

汗の匂いの元となるアンモニア臭などを約99%減少させるという圧倒的消臭性を誇り、宇宙飛行士用の靴下として採用されるほどです。

吸湿性も非常に高いので、足の裏が常にサラサラで非常に快適ですよ。

5本指タイプもあり、そちらはさらに指の隙間の汗、におい対策にも効果抜群です。

さらに50回洗濯してもへたれず、その効果は半永久的なのでコストパフォーマンスも非常に良いと言えるでしょう。

7.シャツミスト

参考価格:¥498(100ml)

夏場の自転車通勤では、会社についてから中々汗が引かない、、、といった悩みもよくあります。

そんな時にこのアイテムが大活躍します。

この『シャツミスト』はシャツに直接振りかけるすることで汗に反応して涼しく感じる涼感スプレーです。

朝出社前に自分の服にサッとスプレー、信号待ちのスキマ時間にサッとスプレー、会社についてから着替える前のシャツにさっとスプレー。

スプレーした瞬間一気に体全体がひんやり感じます。

夏場は普段からカバンの中に常備しておくといい感じですね。

まとめ

どうでしょうか。いずれも暑い日の自転車通勤を格段に快適化してくれるアイテムばかりです。

これらを全て組み合わせれば、夏場の自転車通勤は限りなく楽になるでしょう。

むしろ自転車通勤のみならず、日常的にも使えるアイテムばかりです。

汗対策に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!

※↓他にもこちらの記事もきっと参考になります!

自転車用ヘルメットの汗対策に!『Haloスリムヘッドバンド』が凄い!自転車用ヘルメットの汗対策に!『Haloスリムヘッドバンド』が凄い! まさか半袖で自転車通勤してるの?春~秋はアームカバーは絶対必要!まさか半袖で自転車通勤してるの?春~秋はアームカバーは絶対必要! 汗と雨の両方を防ぐ!サイクルキャップのメリットを考えてみる汗と雨の両方を防ぐ!サイクルキャップのメリットを考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です