自転車通勤者におすすめの最強の副業とは…

安くて便利!ユニクロで自転車通勤に使えるアイテムをまとめてみた

安くて便利!ユニクロで自転車通勤に使えるアイテムをまとめてみた

ユニクロってリーズナブルで機能的なアイテムが数多く揃っていますよね。

エアリズムやヒートテック、ウルトラライトダウン等の看板商品は誰もが1度は利用したことがあるでしょう。

そんなユニクロの各アイテムって、上手く組み合わせればそれだけで自転車通勤にぴったりのコーディネートが出来るって知ってました?

今回は『ユニクロだけで揃える自転車通勤向けの服装』というテーマでまとめてみました。

各アイテムの紹介、そして最後には春~秋編と真冬編の2タイプの自転車通勤コーディネート例をご紹介しちゃいます。

※2018年12月追記

ワークマンで揃える冬の自転車通勤コーディネイトもまとめてみました!ぜひあわせてご参照ください!

安くて高性能!ワークマンで揃える自転車通勤用アイテムまとめ【冬版】安くて高性能!ワークマンで揃える自転車通勤用アイテムまとめ【冬版】

↓スーツスタイルでの自転車通勤には以下の記事も参考になると思います!

『スーツスタイルでの自転車通勤』を可能にする高機能性スーツまとめ『スーツスタイルでの自転車通勤』を可能にする高機能性スーツまとめ いつも快適!自転車通勤に最適な【高機能性ワイシャツ】の選び方いつも快適!自転車通勤に最適な【高機能性ワイシャツ】の選び方 自転車通勤用 真夏も快適なインナー価格別おすすめ【最強の9選】自転車通勤用 真夏も快適なインナー価格別おすすめ【最強の9選】 自転車通勤に革靴はNG!見た目と機能性を備えたおすすめシューズ特集自転車通勤に革靴はNG!見た目と機能性を備えたおすすめシューズ特集

ユニクロの『使える』アイテムたち

まず最初にユニクロの膨大な商品の中かから、自転車通勤用にぴったりの各種アイテム類をピックアップしてみます。

※各アイテムの紹介はすっ飛ばしてさっさとその組み合わせを知りたい、という人は目次から『ユニクロで揃えるおすすめ自転車通勤コーディネイト』をクリックしてくださいね。

インナー編

まずはインナーから。有名どころが揃っています。

エアリズム

<Airism>photo by uniqlo

<エアリズム>photo by uniqlo

参考価格:¥990

シャツの中に着るインナーとして非常に優秀なのがこのエアリズムです。

サラッとした着心地で肌触り滑らか、汗をかいてもすぐ乾きストレッチも非常によく効くこのインナーは自転車通勤にピッタリですね。

僕も1年中愛用しています。3年位着ていますが未だにヘタっておらず、コストパフォーマンスも抜群です。

ヒートテック

<heattech>photo by uniqlo

<ヒートテック>photo by uniqlo

参考価格:¥990

ヒートテックといえばユニクロを代表するド定番のインナーですね。

冬のインナーとしてすでに使用中の人も多いでしょう。

実は自転車通勤の場合はそれなりの運動量になるため冬でも基本はエアリズムで十分です。

しかし、体の芯まで冷える様な日(5度以下)にはやはりありがたい存在ですね。

エアリズムボクサーブリーフ

<エアリズム ボクサーブリーフ>photo by uniqlo

<エアリズム ボクサーブリーフ>photo by uniqlo

参考価格:¥990

同じくエアリズムのボクサーブリーフはデリケートゾーンの蒸れを防止してくれます。

ペダルを漕ぐ際に股の辺りがこすれるので、トランクスよりも肌にフィットするボクサーブリーフをおすすめします。

色やデザインが非常に豊富(全体的に地味ですが)なので、お気に入りのデザインがきっと見つかるはず。

ジャージ編

お次はジャージ編です。

通勤用と仕事用で服装を分けるならばジャージをおすすめします。

僕は元々guのジャージを使っていましたが、値上がりしてしまいあえてguを選ぶメリットもなくなったので今はユニクロでいいでしょう。

ドライEXVネックT(半袖)

<ドライEX Vネックシャツ>photo by uniqlo

<ドライEX VネックT>photo by uniqlo

参考価格:¥1,500

定番のジャージです。

大手スポーツメーカーのジャージよりリーズナブルで、速乾性も高く自転車通勤の用途ならば十分過ぎる性能です。

ドライEXハーフパンツ

<ドライEX ハーフパンツ>photo by uniqlo

<ドライEX ハーフパンツ>photo by uniqlo

参考価格:¥1,990

こちらもドライEXVネックTとセットで使えるハーフパンツです。

サイドと右の後ろにファスナー式のミニポケットがついています。

ロードバイクに乗るときは基本的にポケットは空にしておいたほうがいいですが、緊急時のちょっとした小物入れとしてファスナー式ポケットはあると重宝します。

パフォーマンスサポートタイツ

<パフォーマンスサポートタイツ>photo by uniqlo

<パフォーマンスサポートタイツ>photo by uniqlo

参考価格:¥1,990

しっかりと下半身にフィットするサポートタイツです。

肌寒い時期にはハーフパンツだけだとちょっと厳しいので、コレをインナーとして組み合わせると良いでしょう。

薄手なのでかさばらず、適度な着圧で疲れにくくなるという効果もあるそうです。

ビジネスカジュアル(トップス)編

こちらはビジネスカジュアルアイテムです。

仕事着としてはもちろん、そのまま自転車通勤用途にも使えるものが揃っています。

感動ジャケット

<感動ジャケット>photo by uniqlo

<感動ジャケット>photo by uniqlo

参考価格:¥5,990

超軽量、超伸縮、超速乾が売りの高機能ジャケットはまさに自転車通勤の為のジャケットと言えるでしょう。

ポリエステル素材なのでほとんどシワになることはなく、秋~春に向けて活躍しそうですね。

感動パンツとセットアップにすればほぼスーツ感覚で使用できます。

ストレッチウールジャケット

<ストレッチウールジャケット>photo by uniqlo

<ストレッチウールジャケット>photo by uniqlo

参考価格:¥12,900

感動ジャケットよりもよりカッチリと着込みたい場合はこちらのストレッチウールジャケットがおすすめです。

こちらも高いストレッチ性を誇る一方で「Super110」という細めのウール素材を使っているこだわりのジャケットです。

同じくストレッチウールのパンツと組み合わせることでセットアップのスーツとして使用可能です。

イージーケアコンフォートシャツ

<イージーケアコンフォートシャツ>photo by uniqlo

<イージーケアコンフォートシャツ>photo by uniqlo

参考価格:¥1,990

一見するとワイシャツですが、実はジャージ素材で出来ているという珍しいシャツです。

しっかりと仕事着として使える一方で、自転車通勤時にも対応できる着心地と動きやすさを備えています。

スリムシルエットなので余計なバタつきもなく見た目もスッキリしていますね。

ファインクロス スーパーノンアイロンシャツ

<ファインクロス スーパーノンアイロンシャツ>photo by uniqlo

<ファインクロス スーパーノンアイロンシャツ>photo by uniqlo

参考価格:¥2,990

ジャージ素材は楽だけどちょっとカジュアル過ぎるという人にはこちらのノンアイロンシャツがよいでしょう。

コットン100%でありながらノンアイロンを実現しているワイシャツです。

ハードな自転車通勤の日でも、家庭で洗ってそのままノンアイロンで着られるので日々の手間も最小限で済みます。

ビジネスカジュアル(ボトムス)編

次はボトムスです。

トップスと組み合わせることで自転車通勤と本格的なスーツスタイルの両方に対応可能なファッションを実現できます。

感動パンツ

<感動パンツ>photo by uniqlo

<感動パンツ>photo by uniqlo

参考価格:¥2,990

感動ジャケットとセットアップで使えるボトムスです。

スッキリとスリムなシルエットと圧倒的な動きやすさ、そして防臭抗菌超速乾超軽量を誇るパンツは1年中使えるアイテムです。

ストレッチウールパンツ

<ストレッチウールパンツ>photo by uniqlo

<ストレッチウールパンツ>photo by uniqlo

参考価格:¥5,990

こちらも前述のストレッチウールジャケットと組み合わせることでスーツスタイルになる商品です。

上質なウールパンツとしての見た目と動きやすいストレッチ性で自転車通勤でも窮屈さは感じないでしょう。

ただ、ストレッチが効いているとは言え、自転車通勤をしているとどうしてもボトムスは痛みやすいのでその点は注意が必要ですね。

2本購入してツーパンツで交互に着回すのがおすすめです。

アウター編

そして次はアウター編ですね。

こちらも非常に優秀なアイテムが勢揃いしていてどれを選べばよいか迷ってしまいます。

ウルトラライトダウンジャケット

<ウルトラライトダウンジャケット>photo by uniqlo

<ウルトラライトダウンジャケット>photo by uniqlo

参考価格:¥5,990

こちらもCM等で非常に有名な薄型のダウンジャケットですね。

冬場は出発時に着込んで暑くなってきたらコンパクトに持ち運べますので、温度調整には非常に便利です。

ブロックテックパーカ

<ブロックテックパーカ>photo by uniqlo

<ブロックテックパーカ>photo by uniqlo

参考価格:¥5,990

防風、防水機能に優れたユニクロ史上最強の呼び声も高いアウターです。

この価格でありながら防水&透湿機能も併せ持っており、冬場でも風をシャットアウトしながら汗を逃して蒸れずに自転車通勤が楽しめるアウターの決定版です。

ポケッタブルパーカ

<ポケッタブルパーカ>photo by uniqlo

<ポケッタブルパーカ>photo by uniqlo

参考価格:¥1,990

薄手でミニサイズのポータブルパーカは春先~晩秋にかけて特に非常に重宝します。

半袖一枚だとチョット冷えるけどしばらく走ると暑くなる。

そんなときにこのポータブルパーカがあれば温度調整も楽です。

コンパクトで持ち運びも楽なのでオールシーズンで常にカバンに常備しておきたい一着ですね。

個人的にはかなりオススメです。

小物編

最後は衣類以外のその他アイテムです。

3WAYバッグ

<3WAYバッグ>photo by uniqlo

<3WAYバッグ>photo by uniqlo

参考価格:¥3,990

手提げ、ショルダー、リュックの3種類の使い方が可能なバッグです。

カゴがあればそのまま載せられますし、リュックやメッセンジャーバッグのように背負ってもOKです。

強度が高いCORDURA生地を使用している&軽い防水機能を備えているなど、自転車通勤用バッグとしてもまずまずの性能です。

ファスナーがほぼ180度開くので中の荷物の出し入れも楽です。

ハーフリムサングラス

<ハーフリムサングラス>photo by uniqlo

<ハーフリムサングラス>photo by uniqlo

参考価格:¥1,500

自転車通勤時のアイウェアとして使える偏光サングラスです。

反射を抑える偏光レンズ、高い強度のポリカーボネート、すべり止め加工、紫外線99%カットのUV加工などスポーツ用のアイウェアに求められる機能は一通り抑えてあるので、自転車通勤用としても十分な性能です。

カラーも3色から選べます。

リストバンド

<リストバンド>photo by uniqlo

<リストバンド>photo by uniqlo

参考価格:¥790

一応テニス用リストバンドと明記されていますが、もちろんテニス以外のスポーツにも使用可能です。

吸水性の高いパイル素材のリストバンドなので、いちいちタオルを取り出す必要もなく走りながら汗を拭くことができるのでかなり便利です。

信号の度にタオルを取り出さなくてもよい、というのは意外と楽で地味に使えるアイテムです。

フィンガーソックス

<フィンガーソックス>photo by uniqlo

<フィンガーソックス>photo by uniqlo

参考価格:¥390

定番のビジネスソックスももちろんユニクロでそろいます。

5本指タイプの方が蒸れにくく、消臭機能もついているので自転車通勤には合うでしょう。

あまり意識する必要はありませんが、指が分かれているとこぎ出しの時に力が入れやすいというメリットもあります。

ユニクロで揃えるおすすめ自転車通勤コーディネイト

さて、では実際にこれらのアイテムを組み合わせたコーディネートの例をご紹介しましょう。

以下の4つの組み合わせが考えられます。

  1. 春~秋のジャージ通勤スタイル
  2. 冬のジャージ通勤スタイル
  3. 春~秋のビジネスカジュアル通勤スタイル
  4. 冬のビジネスカジュアル通勤スタイル

大きくジャージスタイルビジネスカジュアルに別れます。

これは着替えを別途用意し通勤時と仕事時で完全に服を分けるパターンか、初めから仕事着を着ていくかの違いですね。

個人的には前者のジャージスタイルをおすすめしますが、荷物が増えたり着替えが手間という人はビジネスカジュアルでも良いでしょう。

後は季節別の組み合わせですが、基本的には真冬以外はオールシーズン同じ服装で行けます。

全体的にコンパクトで携帯性が高いアイテムが多いのでアウターを常備すればかなりの範囲の季節をカバーできます。

では早速それぞれの組み合わせを見てみましょう。

パターン1 春~秋のジャージ通勤スタイル

まず最初のパターンは春~夏のジャージスタイルです。

  • エアリズムボクサーブリーフ(¥990)
  • ドライEXVネックT(¥1,500)
  • ドライEXハーフパンツ(¥1,990)
  • リストバンド(¥790)
  • ハーフリムサングラス(¥1,500)
  • ポケッタブルパーカ(¥1,990)
  • フィンガーソックス(¥390)
  • 合計金額:¥9,150

インナーとしてボクサーブリーフを使用しつつ、上下をドライEXジャージ、そしてリストバンドとサングラスの小物で固めています。

ポケッタブルパーカは朝晩冷え込む時期だけ使用し、体が温まってきたらしまえばよいでしょう。

ジャージ上下を3~5セット用意しておけば、ほぼ一年中カバーできます。

パターン2 真冬のジャージ通勤スタイル

次は厳寒期のジャージスタイルです。

  • エアリズムボクサーブリーフ(¥990)
  • ドライEXVネックT(¥1,500)
  • ドライEXハーフパンツ(¥1,990)
  • ハーフリムサングラス(¥1,500)
  • パフォーマンスサポートタイツ(¥1,990)
  • ブロックテックパーカ(¥5,990)
  • フィンガーソックス(¥390)
  • 合計金額:¥14,350

大きな違いはパフォーマンスサポートタイツとブロックテックパーカですね。

真冬はさすがに足元が冷えるのでパフォーマンスタイツをプラスし、アウターには評判の良いブロックテックパーカを加えました。

これだと多分会社につく頃に暑くなるので、途中でアウターは脱ぐ形になるでしょう。

パターン3 春~秋のビジネスカジュアル通勤スタイル

さて、ビジネスカジュアルの通勤スタイルも見てみましょう。

  • エアリズムボクサーブリーフ(¥990)
  • エアリズム(¥990)
  • イージーケアコンフォートシャツ(¥1,990)
  • 感動パンツ(¥2,990)
  • ビジネス3WAYバッグ(¥3,990)
  • フィンガーソックス(¥390)
  • 合計金額:¥12,340

インナーにエアリズム、上下にはイージーケアコンフォートシャツと感動パンツをあわせてみました。

いずれも動きやすく速乾性に優れているため、この格好でも快適に自転車通勤が可能です。

真夏は相当な量の汗をかくことになるので、ボトムスもこまめに洗濯したほうが良いでしょう。

自宅で洗濯可能でシワにもならないので毎日のケアが非常に楽でいいですね。

パターン4 真冬のビジネスカジュアル通勤スタイル

こちらは真冬のビジネスカジュアルパターンです。

  • エアリズムボクサーブリーフ(¥990)
  • ヒートテック(¥990)
  • パフォーマンスサポートタイツ(¥1,990)
  • ファインクロス スーパーノンアイロンシャツ(¥2,990)
  • 感動ジャケット(¥5,990)
  • 感動パンツ(¥2,990)
  • ウルトラライトダウンジャケット(¥5,990)
  • ビジネス3WAYバッグ(¥3,990)
  • フィンガーソックス(¥390)
  • 合計金額:¥26,310

正直言ってかなりの鉄壁装備ですね。これなら氷点下の真冬でも十分対応可能です。

コレだけ着込んでもいずれも薄手の素材なので、着膨れすることはないでしょう。

インナーとしてヒートテックとパフォーマンスタイツをプラスしているので、かなり暖かく感じるはずです。

ウルトラライトダウンジャケットはおそらく最初の内だけ十分かと思われます。

まとめ

というわけでユニクロをつかった自転車通勤の利用可能なアイテム類をご紹介しました。

ユニクロだけでリーズナブルに一式揃うのでかなり楽だと思います。

どれも機能性を十分に考えられており、見た目と性能の両方を満たした優れたアイテム揃いです。

快適な自転車通勤のために、是非取り入れてみることをオススメします。

全身ユニクロで揃えるのはちょっと。。。という人はバッグやレインウェアは別途用意するのをおすすめします!

ロードバイクによる自転車通勤の雨対策! レインウェアの選び方と超厳選おすすめアイテム5選ロードバイク自転車通勤雨対策!レインウェアの選び方とおすすめ5選 自転車通勤のビジネスリュックの選び方のコツ!ガチで使える厳選6傑自転車通勤のビジネスリュックの選び方のコツ!ガチで使える厳選6傑 THE機能美 自転車通勤&ビジネスにおすすめメッセンジャーバッグ10選THE機能美 自転車通勤&ビジネスにおすすめメッセンジャーバッグ10選

身もふたもない話ですが、この辺のアイテム類に関してはやはり専用費にはかないません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です