自転車通勤者におすすめの最強の副業とは…

毎日の通勤電車でイライラする事ベスト10(ちょっとマイナー編)

毎日の通勤電車でイライラする事ベスト10(ちょっとマイナー編)

東京で電車通勤していると避けられないのが通勤ラッシュです。

【驚愕!】満員電車のストレスと悪影響に関する調査結果がやばすぎたでも触れていますが、通勤ラッシュのストレスはなんと戦場以上と言うのだから相当なものです。

よく雑誌やワイドショー、Yahoo!などでこの時期になると「電車でイライラする事ランキング」なんてのが特集されますよね。

そんなわけで僕も個人的に感じている『電車でイライラする事ベスト10』を作ってみました。

とはいえ普通に「足を大きく広げて座っている」とか「しゃべり声がうるさい」なんてのはつまらないので、ちょっとマイナーな細かすぎるランキングとしてまとめてみましたので、是非見ていってください!

 

MEMO
今回はネタ要素も含まれているので全体的にツッコミどころ多めです。ゆるーい感じで見てもらえればありがたいです。

では早速いってみましょう!

10位 自分が乗れた安心感で入り口付近で歩みを止めるやつ

出発直前の電車でありがちなんですが、前にいた人がちょっと小走りで電車に入って「ふー間に合ったー」みたいな感じでそこで満足して止まっちゃうパターン結構あるんです。

そういうとき僕が更にその後ろから乗り込もうとしていると正直困っちゃいます。

「いや、乗ったらさらに奥行けよ!まだまだ試合は終わってないぜ!」って気分です。

9位 「今電車ー」と言いつつも通話を続ける奴

よく年配の人にありがちなんですが、電車の中で知り合いから電話がかかってきたりすると電車の中でもそのまま出ちゃうんです。

で、一応周りに気を使っている風で最初は「あ、ごめんいま電車」とか言うわけです。

で、そのまま電話切るかと思いきや「え?そう。大体40分くらいに新宿つくから。うん。新南口。そうバスタあるほう。あー、違うそっちじゃなくて・・・」

「続くんかい!!!」って周りの人みんな心の中で総ツッコミしていると思います。

8位 電車が完全に停車する前に移動しようとする奴

個人的にあまり好きではないです。

座っていて「間もなく~池袋。お降りのお客様は・・・」とかアナウンスが流れると席を立ち始める人。

いやね、そりゃ新幹線とかならわかりますよ?早めにデッキにでたいのでしょう。

でも満員電車でそれやられると、結局その人完全に席から移動しきれず中途半端に席の前で立ち上がるだけになるんです。

そうすると前にいる人も座るに座れず。結果的にその座席に収まっていた分の質量が増えるだけで誰も得しないんです。

満員だからこそ乗り過ごさないように、ってことなんでしょうが・・・「いやみんな降りますから池袋なら!!」

7位 電車の警笛がめっちゃうるさい時

電車の警笛ってホント音がでかいんですよ。

体がビクッてなっちゃうほどで、耳にも心臓にも悪い。

まあ結局黄色い線の内側を歩かない人がいるせいなんだとは思うのですが、悪いのはその人であってなぜ無関係の僕が心臓と耳にダメージを負わなければならないのか。

実に理不尽だな、と思わずにいられません。

6位 まだ乗れるのに乗れませんよって顔する奴

これも電車が混んでいる朝夕のラッシュ時には必ずいます。

しかも200%とかそういうレベルじゃなくて120%とか微妙なレベルの「通勤ラッシュとしてはまだマシな部類」の混雑度のときに高確率で発生します。

その車両のドア付近って今ならまだちょっと余裕があるんですよね?わかります。

そのちょっと余裕がある状態を維持して少しでも快適に目的地につきたいんですよね?わかります。

まあ大抵の場合はそんな三文芝居はあっという間に見抜かれてあえなく人が乗ってくるんですけどね。

5位 僕がもう乗れませんよって顔してるのに乗ろうとする奴

これも電車が混んでいる朝夕のラッシュ時には必ずいます。

しかも200%とかそういうレベルじゃなくて120%とか微妙なレベルの「通勤ラッシュとしてはまだマシな部類」の混雑度のときに高確率で発生します。

僕が今いる車両のドア付近って実はまだ多少余裕あるんですよ。

でもそこにもうひとり乗ってきちゃうとその余裕は失われ、周辺の人間全員が不幸になるんですよ。

だから諦めてください。

僕の快適さの犠牲となって遅刻してください。ね?

4位 何でこんなに混んでんの?と自分はそのラッシュを構成している一部品では無いかのような発言をするやつ

こういうことを言い出すのは大抵の場合学生で、かつ数名の集団です。

修学旅行生であったり、地方からの卒業旅行の大学生だったり、あるいは春から上京してきた新人だったりします。

「僕は(私は)通勤ラッシュに慣れきった現代の奴隷たるあなた達とはちがうんですよ」アッピールですよね。

満員電車に乗っているのに上も下も無いのです。

満員電車の前には皆等しく無力なのです。

3位 自分が立っててずっと目の前に座っている奴が同じ駅で降りたとき

めっちゃ疲れてて座りたい日もたまにあります。

そんなときつり革に捕まりつつ「前に座っている人次あたりで降りないかなー」なんて考えます。

「次はー池袋ー池袋ー」僕(ほら!池袋だよ!降りなよ!)

「次はー高田馬場ー高田馬場ー」僕(さあ!新宿だ、今こそ降りよう!)

「次はー新宿ー新宿ー」僕(さすがにもうそろそろ降りるべきでしょ)

「次はー渋谷ー渋谷ー」僕(人としてどうなの。心はないの)

「次はー恵比寿ー恵比寿ー」僕(もういいよ!一生山手線乗り続けるがいい!!)

「次はー目黒ー目黒ー」僕(降りよう)前の人(すっと立ち上がる)僕「!!」

たまーに山手線半分以上座り続けている人もいますね。謎です。

2位 神奈川乗りしようとする奴

皆さん聞いたことがあるでしょうか。「神奈川のり」

どういうルーツなのかは謎ですが、そう呼ばれる乗り方があります。

これは混雑している電車で、あえて最後に乗り込むことでドア前の花形ポジションを確保しようという営みです。

これを狙っている人は、電車が停車するとちゃんと一旦ホームにおります。

ここまでは非常によい心がけです。素晴らしいです。中の人も降りやすいです。

しかし、一度降りたあとさっさと乗り込まずにさり気なく最後に乗り込んで再度ドア前ポジションをしっかりキープするんです。

いや、100歩ゆずってここまでは別にいいんですよ。

問題はその後に更に他の人が乗ろうとしたときです。

すると大抵の場合体をちょっと斜めにひねって「あ、私の前じゃなくて横のスペースから中に入ってください」って動きをするんです。

この足の位置は動かさず上半身だけをひねるという高等テクニック!これが許せない!!

自分のことしか考えていない、まさに悪魔の所業です。

1位 残業で遅い時間にのったら車内が酒臭いとき

栄えある第1位はコレ!車内が酒臭いとき!コレに付きます!!!

こっちが残業で疲れて夜遅くに電車にのったらコレですよ。。。

もうホント夜9時以降は『酔っぱらい専用車両』を導入して一定以上のアルコールを検知したらその車両に全部突っ込めばいいと思います。

そんなわけで金曜の夜とかはあんまり残業したくないんですよねー。。。

まとめ

というわけで個人的に電車でイライラすることベスト10(細かすぎて伝わりづらいちょっとマイナーなネタ編)をおおくりしました。

いやー実にしょうもないネタでしたね。

でもどれか2つ3つは「あー分かるそれ!」的なものもあったのではないでしょうか。

共感してもらえれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です