自転車通勤者におすすめの最強の副業とは…

これは便利!おすすめの自転車用空気入れ7選(自宅用)

これは便利!おすすめの自転車用空気入れ7選(自宅用)

自転車を乗るときに必ず意識すべき事がタイヤの適正な空気圧です。

これはメンテナンスの基本でもあり、乗り心地やスピード、タイヤの寿命にも影響する重要なポイントになります。

別に毎日入れる必要はありませんが、2週間に一度を目安に空気を補充する事で快適に自転車通勤が続けられます。

僕がロードバイクで自転車通勤を行っていたときはは小型の携帯用ミニポンプ1台でカバーしましたが、やはりしっかりとした自宅用のフロアポンプがあった方がよいという意見もあります。

もちろん大型のフロアポンプの方が小型のミニポンプより楽に、そして正確に空気が入れられるのは間違いありません。

そこで今回はおすすめできる高評価の自宅用フロアポンプを集めてみました。

ちょっと便利な機能がついていたりやハイセンスなデザインなど一風変わったものばかりをセレクトしてみましたよ。

おすすめフロアポンプ7選

ではさっそくおすすめのフロアポンプをご紹介していきます。

いずれも巷で評判が高く、機能面やデザイン面で人気があるものが中心になっています。

1.SPORT FLOOR DRIVE(レザイン)

参考価格:¥5,200

まず最初はそのデザインセンスが秀逸なレザインのフロアポンプです。

ウッドハンドルが目を引く非常にスタイリッシュな空気入れで、シルバー、イエロー、ブラック、レッドの4色展開です。

独特のレトロなデザインは唯一無二。インテリアとして玄関に置いておくだけでもおしゃれですね。

見た目だけでなく機能的にも優れており、ウッドハンドルは人間工学に基づいたデザインになっているため握りやすく、楽に効率的に空気をいれることができます。

土台が三叉になっているので安定性も高くエアーメーターも大型で見やすくなっています。

2.ALLOY FLOOR DRIVE (レザイン)

参考価格:¥9,500

同じくレザインのポンプでSPORT FLOOR DRIVEの上位モデルです。

ALLOYの名の通りアルミニウムが使われています。(SPORT FLOOR DRIVEはスチール製)

こちらのほうが重量が約1.3倍ほど重く、大型のエアーメーターは更に一回り大きくなって直径約9cmのビッグサイズです。

その結果、見やすいだけでなく非常に安定性が高くなり、より楽に安定して空気をいれることができます。

また、シリンダー本体の太さが一般的な規格よりも大きいため1度のポンピングで沢山の空気を補充することができます。

その為通常の空気入れよりも少ない回数で済むわけです。

空気入れとしては正直高級品と呼べる価格帯ですが予算さえ許せば是非ともおすすめしたいアイテムですね。

3.ウッドフロアポンプ(Bianchi)

参考価格:¥6,000

こちらも木のハンドルが特徴的なBianchiのフロアポンプです。

おなじみのチェレステカラーとシックなウッドハンドルが絶妙にマッチしておりレザインとはまた違った雰囲気がありますね。

おしゃれな見た目に反して実に最大240psiと一般的なフロアポンプよりも遥かに高圧に対応しているのでロードバイクやマウンテンバイクにもぴったりです。

こちらも視認性が良いエアーメーター付きです。

4.フットポンプS(パナレーサー)

参考価格:¥1,600

一般的な自転車の空気入れというと腕の力で空気を入れるものが主流ですが、こちらは珍しいフットポンプタイプの空気入れです。

当然ですが足のほうが格段に楽なので女性や子供でも難なく空気の補充が可能ですよ。

一方でシリンダーの全長が短いので一度で入る空気の量が少なく、何度も踏む必要がありますのでその点は注意が必要ですね。

また、フットポンプタイプのものはどうしても安定性に欠け、足で踏んでいる内にズレてしまったりするのでしっかりと体重を乗せて踏みつける必要があります。

本体は軽く手軽に扱えるのでこまめに補充するには最適ですよ。価格が安いのもありがたいですね。

5.電動エアコンプレッサー(LéaLife)

参考価格:¥5,200

手っ取り早く楽に空気を入れたいということならば電動のポンプを選ぶという選択肢もアリです。

まるでドリルのような見た目のこちらは充電式の電動ポンプです。

電動なので全く力を使う必要がなく、あっという間に空気が補充できてしまいます。

このお手軽さは一度使ってしまうと病みつきになります。

電動なのでかなりの高圧もカバーできますから、自転車だけじゃなく車やバイクのタイヤにも使えてしまいます。

2019年5月現在、Amazonで270件以上のレビューがありながら平均評価☆4.9という抜群の高評価がついているスゴいアイテムです。

6.電動ポンプ(YOHOOLYO)

参考価格:¥5,400

おなじく電動ポンプのご紹介でこちらは筒状のデザインになっています。

サイズとしては500mlのステンレスボトルと同じくらいの大きさでエアコンプレッサーよりもコンパクトで持ち運びは楽ですね。

持ち運びを考慮するならばこちらをおすすめします。

海外製品ですが2年間の保証もついているので安心して良いでしょう。

ちなみにLEDライトも内蔵しているので夜間の作業はもちろん、緊急時には懐中電灯としても使用できます。(デカすぎですが)

7.エアフロアポンプFP-200(サーファス)

参考価格:¥3,600

最後にご紹介するのはカルフォルニア生まれのブランド、サーファスのフロアポンプです。

おそらく現状、自宅用のフロアポンプで最も性能と価格のバランスがよいアイテムと言っても過言ではないでしょう。

圧倒的に軽いポンピングでとにかく楽と評判の空気入れです。

また、ホースが90cmと長めに取られているため一々タイヤを回転させることなくバルブに届きますし、エアーメーターが上についているので確認しやすいという点も高評価ですね。

それでいて価格はかなりリーズナブルですし、カラーも全7色と豊富です。

2019年5月現在Amazonでのレビューは400件以上で平均評価は☆4.5と高いのも頷けますね。

まさに万人におすすめできる製品です。予算を抑えたい人、何を買えばよいかわからない人はコレを選んでおけばまず後悔しないでしょう。

まとめ

というわけで様々な評判を元に7つのおすすめ空気入れをご紹介しました。

いずれも劣らず人気のアイテムばかりです。

個人的に1台を選ぶとしたら、予算があれば『2.ALLOY FLOOR DRIVE (レザイン)』なければ『エアフロアポンプFP-200(サーファス)』と言った所ですね。

まあでも基本的にはどれを選んでもハズレ無しです。

是非参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です